ホカベン ドラマ 最新情報局!!

ホカベン ドラマ 最新情報局!!

「ホカベン」コード・ブルー ?ドクターヘリ緊急救命? 第1話

毎回思いましたわ(笑) ×未見・リタイヤ CHANGE 無理な恋愛 ホカベン バッテリー 渡る世間は鬼ばかり パズル→やっぱり石原さとみちゃんがダメでした。

なんか違う。

主人公の新鮮さもあって気に入ったけど謎が解けていくほど失速?(><) リタイアしちゃったのは「アラフォー」「ホカベン」「君犯人じゃ…」「パズル」「猟奇」って、ほとんどじゃん! 書かないけど見てたのが「ごくせん」「ラストフレンズ」。

上戸彩の『ホカベン』はどうしよっかな? 録画してあるけど観てないんだよなあ。

『四つの嘘』は微妙だったな。

これからかもしれないけど。

って、オイラはやっぱりテレビっコなんだな。

ホカベン の時も思ったけど、ほんとうに 美人 だよなあ、大好き。

■ [ Eight ]ジョンと ガイド 02:07 は手に入れました。

BOAO と前半誌はまだ。

WUに 爆弾 があるそうなのでそわそわしております。

週末までの我慢。

春のドラマでは、最後まで観てたのは「ラスト・フレンズ」「ホカベン」「おせん」と今続いてる上の3作品。

あと深夜の「週刊真木よう子」も。

家にいたときだけ観てたのが「絶対彼氏」と「キミ犯人じゃないよね?」りょうさんは「ホカベン」に続いて、また相変わらずクール。

CMイメージとしては、ガッキーがヘリポートで髪をほどくシーンが、 パンテーンみたいで、企業側としてはしてやったりじゃなかったかなと・・





  1. 2008/07/31(木) 17:26:02|
  2. 未分類|
  3. |

life,etc,tv系サーバにある板の次スレ (2008年7月4日)(ホカベン)

(涙) おせん携帯コミック http://littlewing.konjiki.jp/com24 ホカベン携帯コミック http://littlewing.konjiki.jp/com25 二十面相の娘携帯コミック http://littlewing.konjiki.jp/com26 秘書のカガミ携帯コミック http://littlewing.konjiki.jp/com27ドラマ「ホカベン」第9・10話 やっと最終回を観ました(^_^;) 実は第9話は、スポーツ中継のせいか後半が観れていません(^_^;) ま、いつものパターンで、第10話の冒頭で簡単なダイジェストがあったので、大体の話の流れは分かりましたが。

やっぱ○ちゃんだなー! ドラマとしても今期は11本ドラマを見ていた中で 恐らく全話見たのはコレとホカベンくらいという満足度w まぁ毎週追わないとわからないタイプのドラマだったしね。

ドラマの主題としCode Blue 有 新垣和戸田美眉 ,還有 看起來像 直接從ホカベン抓過來的 固定班底們。

魔王 的故事 很陰暗 ─畢竟是復仇的故事......第1回的1小時很難熬,希望故事會往刺激的方向發展。

10.0%(初回14.1%) ☆「キミ犯人じゃないよね?」平均8.9%(初回8.3%) ☆「ホカベン」平均8.2%(初回8.8%) ☆「交渉人」平均13.5%(初回16.7%) ☆「SP」平均 「ホカベン」の初回視聴率が8.8%(平均8.2%)なので、この程度に抑えたことを褒めるホカベン>>>>>巨人ヤクルト 630 2008/07/02(水) 19:23:56 名無しさん@お腹いっぱい。

ここのスレの日テレヲタは 巨人を始めとする野球が嫌いなようだ。

☆☆ TBSの番組を改編 Part40 ☆☆ → ☆☆ TBSの番組を改編 Part41 ☆☆ 旧スレ から。



  1. 2008/07/31(木) 11:16:04|
  2. 未分類|
  3. |

[TV][ドラマ]まだホカベンとラストフレンズがHDに残ってる〔ホカベン〕

最後の演説なのか何なのかよくわからないですが、なげぇーよ。

( 言葉 悪すぎですけど)ほとんど話聞いていなかったですし。

【TVドラマ『ホカベン』提供モデル】【入荷しまエード株式会社 Mercros TEPS EBONY テーブルライト 006503EB Mercros志田未来ちゃんだけはかわいくてあのくるくるとした演技も微笑ましかったですが いかんせん、ストーリーが全く面白くなくて・・

途中でギブアップしちゃった>< 今から思うと「ホカベン」は文句も多かったけどレビューしがいがありましたわ・・

08.9→09.6→09.7→07.2→08.1→09.1 先クール「ホカベン」の低迷は、内容・主演ともに問題があったのかもしれないが、裏の「爆笑レッドカーペット」レギュラー化の影響も強いと思われる。

「ホカベン」(平均8.2%)はさすがに上回ると思うが試しに撮ってみたが なんか、うまくいかなかった。

機械のせい?僕のせい?(笑) マイルーム。

ムズイのか? 普段、ブログで写真あげないからなぁ。

ちなみに、今、ホカベン、全話見直し。

明日、休みなんで(笑)。

2、ホカベン・・

見ていてすっきりしない番組はやはり視聴率が取れませんね。

重い。

見続けた人の評価は高いと思います。

3、ROOKIES・・

若者に大人気。

非常に面白い・・

ですが演出は気になります。

4、ラスト・フレンズ・・

女性を中心に大人気。

そしてこのドラマって半年だったけ?半年放送なのね!もしかして…終わらないし(笑)え、継続して見るの?どーしよ。

とりあえず予約録画は継続で。

ゴンゾウ 見ました!超面白い?!!実はおいらの中で今期期待度大のドラマ。



  1. 2008/07/31(木) 04:26:02|
  2. 未分類|
  3. |

久しぶりにドラマ感想【ホカベン】

アサヒビール『スタイルフリー』CMソング 10. 涙をとどけて ( トータス松本 ) → NTV系ドラマ『ホカベン』主題歌 11. 涙のさきに ( CRYSTAL KAY ) → 伊藤園『TULLY’S BARISTA’S SPECIAL』CMソング 12. SKY ( 大橋 卓弥 ) → 映画『ダイブ10.5%?12.0%(±0.0%?±0.0%) 「ホカベン」の初回8.8%(平均8.2%)のような大コケにはならなかった。

キャスティングやテーマを踏まえると 08年4月クール「ホカベン」(平均8.2%) 08.8→09.3→07.4→06.3→07.8→08.4→08.4→07.0→09.6やっぱりホカベンの事が まだ記憶に残っているんでしょうね。

私。

困ったものです。

主題歌とオープニング・・

コード・ブルーと比べると。

キャスティングも 含めて何だか不安。

ストーリー頼りのドラマなんでしょうか。

放送日をずらしてまでやる内容ではない。

結論が『選挙に行きましょう』ではね。

視聴率として低かったのかもしれないが、現代社会の矛盾の中で悩む主人公を描いた「ホカベン」や「監査法人」を推す。

NHKの 【監査法人】 も前クールでお気に入り 【ホカベン】 同様、 後味の悪さはありますが、 世の中、綺麗事だけでは済まされないので、 正義感の強い主人公( 塚本高史 )が 現実に直面し悩みながらも成長してく姿は 何か惹かれるものがあります。

2、ホカベン・・

見ていてすっきりしない番組はやはり視聴率が取れませんね。

重い。

見続けた人の評価は高いと思います。

3、ROOKIES・・

若者に大人気。

非常に面白い・・

ですが演出は気になります。

4、ラスト・フレンズ・・

女性を中心に大人気。



  1. 2008/07/30(水) 21:16:03|
  2. 未分類|
  3. |

「ホカベン」コード・ブルー ?ドクターヘリ緊急救命? 第1話

(でも結局は買ってない)(爆) ■「無理な恋愛」や「アラウンド40」「ホカベン」 →脚本の台詞に胸打たれてます。

■「ラストフレンズ」 →ルカの気持ちが切ない・・

恋する気持ちに、男も女も関係ない?!! ■「相棒」 ■「山桜」(邦画) →東山感~~ 以上是我看第三候写下来的= = 的情(是我的情, 是有情的) 当没看的候想.. AYA也没老到要演的年.想可能是做女儿 但又想做女儿就主不了了= = 于是住了.不没看本但是有看「ホカベン」(血律,不没看个也OK) 「おせん」(料理仙)「ラスト·可愛い所もあったり、 クールで かっこいい 一面もあったりで、大好きです ホカベン のあの眼鏡姿は、かっこよすぎでもう最高 ← 最近、歌では結構 慶ちゃん と一緒にラップしてるよねっ♪ シゲ のあの男らしい声08.9→09.6→09.7→07.2→08.1→09.1 先クール「ホカベン」の低迷は、内容・主演ともに問題があったのかもしれないが、裏の「爆笑レッドカーペット」レギュラー化の影響も強いと思われる。

「ホカベン」(平均8.2%)はさすがに上回ると思うがホカベン いや?最初の2つの話はダークで良かったわ?。

終わり方もあれでいいと思う。

週刊真木よう子 真木ちゃんは可愛かったけど・・

こういう形式のはそうそうアタらんな。

7人の女弁護士 まぁ釈と 理恵 子さんを見るために見てただけだし。

りょうさんは「ホカベン」に続いて、また相変わらずクール。

CMイメージとしては、ガッキーがヘリポートで髪をほどくシーンが、 パンテーンみたいで、企業側としてはしてやったりじゃなかったかなと・・





  1. 2008/07/30(水) 14:46:00|
  2. 未分類|
  3. |
次のページ